コレステロールを下げる方法|あなどれない食生活

健康は毎日の食事で作る

男の人

必要な栄養源

コレステロールが多い食品として代表的なのが鶏卵で、飽和脂肪も含んでいます。コレステロール値の上昇を下げるためには、こうした食品を減らすことが推進されていますが、飽和脂肪酸の割合が大きいのは肉類であるために過剰な摂り過ぎでなければ、制限をかける必要がない点も知っておきたい情報です。逆に鶏卵にはレシチンの働きによって、血管壁に蓄積されてしまうコレステロールを取り除き、血管年齢を若く保つ働きが展開されています。また、体内で作り出すことができない必須アミノ酸やミネラルなどの健康美に繋がる栄養素が豊富でもあり、摂取することは重要です。数値を下げることに捕らわれるのではなく、食べる回数や量を減らすことに着目することで、好んで食べたい食品も避けずに摂取可能です。

植物性を意識

血中のコレステロールは悪玉と善玉コレステロールに分けられ、動脈硬化の進行と深い関わりがあるのは悪玉コレステロールです。揚げ物や脂身の多い肉類など、現代人が好む欧米化した食事を摂取し続ける内に、血管の壁にはエネルギーとして使われない脂肪が蓄積され、コレステロールを含むプラークになり、健康へ悪影響を与えやすくなります。そこで大きな役割を果たすのが善玉コレステロールで、動脈硬化の予防に力を発揮します。健康美を意識したい場合、生活習慣の改善によってコレステロールを下げることは可能で、動脈硬化や肥満を予防するには片方だけを意識するのでなく、バランスは大切です。悪玉値の平均は70から120程度で、善玉値は40以上が理想的なバランス値であるのが特徴です。食事で下げる際は植物性の脂肪分を意識し、バターよりもマーガリンを選んだり、肉よりも大豆製品などの畑のたんぱく質を摂取するなど、植物性に着目した食を意識することがポイントです。ダイエットの観点からも、大豆は食感を肉に似せる調理法などが近年用いられており、健康体に結び付いています。

栄養素を効率的に摂取する

血液

人間の身体は栄養素が不足してしまうと病気や肌荒れなどを引き起こしてしまいます。栄養バランスのとれた食事を毎日続けることができない場合は、健康食品を利用することで健康や美容効果を高めることができます。糖尿病の人は、ヘモグロビンa1cの数値を下げる栄養素を含む健康食品を利用すると効果的です。

もっと見る

血圧を気にする人は

ウーマン

高血圧サプリの特徴は、DHAやEPA等といった成分が入っており、高血圧予防を目指せるのが特徴です。また、サプリは薬とは違うので、血圧の数値が高いという方は先ずは病院に行くことが重要となります。そして、その上で予防としてサプリを使っていきましょう。

もっと見る

アンチエイジングに効果

錠剤

ゴマなどに多く含まれているセサミンは、強い抗酸化作用によってアンチエイジングに効果を発揮します。セサミンは食材などからは適切な量を摂取することは難しいので、サプリメントを上手に使って摂取すると良いです。

もっと見る